ブランク10年以上の看護師復職サポートガイド » アーカイブ

ブランク10年の看護師~復職支援セミナーなどは利用すべき?~

読了までの目安時間:約 3分


 看護師はいつでも人手不足。だからこそハードワークが多く、結婚すると離職してしまう人が多いのですが…。この潜在看護師をまた現場で頑張ってもらおうという活動を、看護協会や行政で行っています。それだけ深刻だということですね。

 看護協会のホームページは、会員でなくても見ることができます。まずは最近の情報を得るという目的で、気軽に覗いてみましょう。そして、その中からセミナー情報を見てみましょう。 
 自分の地域で検索すると、「看護師の資格を持ち現在就業していない方や退職予定の方などに、現場経験を持つ看護師が再就業のご相談に応じます。」といった内容の再就業相談が設けられています。技術面でも、看護協会や効率病院の設備を借りて研修を受けることができます。

 10年のブランクがあって、いきなり現場に入って「1号液でルート取って、一緒に血算・生化とっといて‼」と言われたら、青ざめますよね…。技術の前に、(何を用意しよう。スピッツの色って何だっけ…。1号液って…?)というところですよね。
 現場でずっと働いている側は、即動いてくれる人を求めていますから、現実こういうことが起きてしまいます。そして、「こんなこともできないの…」という視線が向けられるでしょう。それは、仕方のないものなのです。悔しいですが、こういうことはあると思った方が良いでしょう。これらの人達は子育てで忙しい中も、ずっと働き続けてきたのですから。
 
 だからこそ、再就業に理解のある場所を選ばなくてはなりません。働きやすそうとクリニックを選んでしまうと、少ない人数の中の1人として動かなくてはなりませんから要注意です。 むしろ人数の多い病院規模の方が、新人と一緒に教育してくれる機会もありますし、いろんなキャリアの人がいるから個別対応もお願いできます。また、その部署が合わなくても異動が可能です。
 
 そして、自分でできる限りの準備をしておきましょう。看護協会等の公的なセミナーは無料で受講できますし、小人数制でウェルカムの姿勢で受け入れてくれます。また、知識の面では有料にはなりますが、民間のセミナーを受講するのも良いでしょう。民間のセミナーは少し高額ですが、プロの講師(主に医師)がわかりやすく、面白いセミナーを開いています。1日受けるとかなり充実した研修を受けられますし、その資料も厳選されたものです。
 (復職の準備って、何をしたらいいんだろう…)と悩んだら、まずは看護の言葉に触れることをしてみると、何から手をつけたらよいのか見えてくるかもしれませんね。

ブランク10年の看護師~クリニックへ復帰の際に必要なこと~

読了までの目安時間:約 3分


 クリニックは経営者(院長)と数人のスタッフで構成されるので、これらの人の個性でクリニック自体の運営が大きく変わるのが特徴と言えるでしょう。ここが病院レベルの規模との違いで、うまくスタイルが合えば長く続けられますが、性格や働く環境が合わなければ異動ができません。そうなると我慢して適応するか辞めるかしかありません。

 更に10年間のブランクがある場合、スタッフの受け入れ具合はどうでしょうか。数人しかいない看護師の一人となる訳ですから、本来は即戦力が欲しいはずです。もしかしたら退職予定の人がいて、しばらくはその人の仕事を覚えてもらうつもりでダブルをつけてくれるかもしれません。ですが、その場合も仕事内容を覚えるためであって、復職のリハビリのためではないことを自覚しないといけませんね。

 また、クリニックの特徴として午前と午後とで仕事が分かれますので、もし午後も勤務するようでしたら時間の使い方や残業に対する確認も必要です。
 午後の診察まで間が2~3時間空いてしまい帰りがその分19時になる場合、その夕方の時間は残業手当になるのかどうか、確認しましょう。そしてクリニックは受け付け時間が病院より遅いし、最後の一人が帰るまで責任を持たなければなりません。その最終の一人を帰すまで残るのかどうかが大きな差になります。

 ブランクが長いほど、病院勤務へのハードルは高く感じるでしょう。それにクリニックでしたら、勤務地がすぐ近所にもできるでしょう。ですが、クリニックには病院と違ってサポートしてくれる人員が少ないことを考えておきましょう。 

 ですから、個人的に知り合いからのツテで頼まれたというのでなければ、積極的に人材紹介会社を利用しましょう。人材紹介会社に登録したからといって費用がかかるわけではありませんし、必ずその会社を経由して就職しなければいけない決まりもありません。働く側としてはありがたい存在なのです。
 登録と同時に、自分の勤務条件を詳細に伝えましょう。そして「過去の経験○年に対し、ブランクが10年ある」ということも伝え、できる限り復職に理解のある職場を探してもらいましょう。できたら同じような環境の人がいる職場の方が、公私共に相談にのってもらえます。ただし、クリニックでは前述の通り少人数ですので、難しい条件かもしれません。
 
 そして、できたら一度何かの理由をつけて受診できるといいとですね。患者に対して見せる顔と、スタッフに見せる顔は全く違います。ですが、患者にすら横柄な医師や看護師は、スタッフに対して更に横柄になるでしょう。せっかく働くのなら、近所でも人気の病院の方がいいですよね。そして、せっかく勇気を出して家から出るのですから、長く続けたいですよね。
 

ブランク10年の看護師~パート(非常勤)として復帰の際に必要なこと~

読了までの目安時間:約 3分


 10年間のブランクがあった場合は、いきなりフルタイムの正規職員での復職はハードルが高いですよね。最初は無理をせずにパートで半日勤務から復帰して、自分も家族も慣れてきたらフルタイムに上げるという方法は賢い選択でしょう。
 
 とはいっても、やはり看護師は専門職。ですからいくらパートであっても、勤務時間内は専門職として責任を持たなければいけません。10年のブランクの間に薄れてしまった看護の知識を取り戻すことも必要ですし、新しいことを勉強していくことも必要。
 勤務時間は午前中であっても、院内研修があれば夕方勉強のためだけに病院に出てくることもあるでしょう。勤務時間内を他の人と同じ条件で働くことができなければいけませんから、そのための研修はパートであっても出席するようにしましょう。
 
 まずは今まで家にいた時間の中で、仕事をする時間を作らなければいけません。午前中仕事に出るのなら、今まで午前中していたことを全て他の時間にまわさなくてはなりません。実際は午前中としていても、フルタイムのスタッフの昼休憩が終わってからの帰宅になることもあり、家に帰ってお昼を食べたら14時頃というのも普通。復職する前に時間配分をどうしたら良いか、仕事に出ている前提で生活してみましょう。
 
 そして仕事のつもりで作った時間を、勉強時間にあてましょう。家で情報収集することから始め、必要な書籍を購入して読んだり、セミナーに行くことも検討しましょう。復職してからしばらくは生活のリズムをつかむことが大変でしょうから、勉強をガツガツするのは難しいでしょう。ですが、いざ調べものしようと思った時にはすぐに調べられるよう、最低限の参考書は手元に置きましょう。何でもインターネットで調べれば済むというものではありませんからね。
 
 看護師として働くことの問題よりも、10年間働いていなかったということの方が慣れるまで大変でしょう。しかも10年前と違って、家事・育児もついてきますよ。家族はお母さんが何でもしてくれる環境に慣れきってしまっていますし、家にいるのが当然と思っていますから、子供の自立と家族全員の理解を得なくてはなりません。
 でも母は強いですよ。それに実習や国試を乗り越えて看護師になったのだから、必ず乗り越えていけるものです。その時に、家族が一番の支援者となりますから、家族間でどう協力してもらうか話し合いましょう。仕事に出ると家計は潤うし、何よりもあなたの日々の生活がとても充実するでしょう。

ブランク10年の看護師~外来へ復帰の際に必要なこと~

読了までの目安時間:約 3分


 10年前と違い、今ではできる限りの治療を外来で行うのが主流になっています。それは、長期に入院すると病院の利益が出ないような診療報酬の改定がされたからです。ですから、外来は入院するギリギリまでの患者をみるようになりました。内科系であるなら、毎日点滴に通う患者もいますし、外科系であるならオペ前検査全てを外来で終わらせてからの入院となります。
 抗癌剤治療に至っては、その殆どを外来で行うようになりました。今ではポートから専用ポンプにつなげば、自宅に帰ることができるようになりました。その前後の対応も外来に求められています。

 高齢化も進み、それでいて高齢者自身もまだ現役で仕事をしていることが多くなりました。80代で手術をすることは普通になりましたし、90代で外来通院している患者も多いです。その子供世代はまだ仕事をしていることが多く、高齢者が一人で通院するようになりました。
 といっても、理解力が乏しかったり、認知症もあるのに一人暮らしという患者も多く、ただ外来診療の介助をするだけが看護師の仕事ではなくなりました。これらの老人のサポートも外来看護師に求められるようになり、かなりの負担になっています。

 胃カメラの検査説明一つでも時間を要するようになりました。カメラの際に中止する薬の説明だけでもジェネリックが採用され、看護師も把握するのが難しくなりました。それを高齢者にも説明しなくてはならないのです。
 大腸カメラに至っては、前日の処置の説明もしなくてはならないので、大変な時間と労力を必要とするようになりました。 

 90代でも独歩で来院する患者から、40代で脳梗塞の患者もいます。それらの幅広い年齢・病態に対応していく柔軟さを求められるのが外来です。ついつい手のかかる患者に看護師がとられてしまいがちですが、外来には状態の悪い患者もいます。緊急の患者が実は重症ではないのに手のかかる患者に隠れてしまって、治療が後手にまわってはいけません。そうならないようにトリアージをすることも必要です。

 10年の間に医療の進歩だけでなく、高齢化も進みました。そして治療は病棟から外来へシフトされています。様々な病態・環境の患者が飛び込んで来るのが外来です。昔よりも外来に比重を置くため、終了時間間際での対応も増えています。
 知識のブランクを埋めるだけでなく、これらに対応できるように勤務時間の調整も検討しなくてはなりません。復職の際には、勤務時間の確認や家族との協力体制を整えておきましょう。

ブランク10年からの復帰~家庭とのバランスはどう保つ?~

読了までの目安時間:約 4分


 10年というブランクを経て復帰する場合、あなたの環境は以前働いていた時と大きく変わっているでしょう。特に1人目の子供の出産と同時に辞めてしまったり、結婚と同時に辞めてしまった場合は特に。働きながら育児をする経験をしていないと、育児との両立が一番の課題になるでしょう。
 
 大人(夫)は働く必要があることをわかっていますから、理屈で協力を求めることもできます。ですが、子供には通用しないことも多いもの。朝忙しくても支度をぱぱっとしてもらえなかったり、夜になっていきなり学校で明日必要なものを言ってきたり。でも子供は今までそれが認められていたのだから、急に変われません。
 また、明日やろうと抱えている仕事があったのに、子供が夜中に熱を出して休まざるを得なくなったりということもあります。

 子供を抱えて、家庭とのバランスをとるための秘訣は、その日その日で仕事を極力完結させておくこと。細かい隙間時間を使って、自分の抱えている仕事を済ませてしまうのです。
 いつ子供が熱を出して急に迎えにいかなくてはならなくなるか、わかりません。その時にぱっと「お願いします」と出られるようにしておかなくてはなりません。逆に、いろんなことを残したままで出ていくのは論外。中には子供のことなら何を言っても許されると思っている人もいますが、それは違います。大抵その翌日も仕事を休むようになるでしょうから、その段取りをしてから周囲にお願いして出ていくことが大切。

 できることをその場で済ませていくことは、仕事の量をこなす上でも必要なスキルです。また、自分が抱えている仕事や会議等は手帳に記入しておいて、家に持ち帰るようにしましょう。(もちろん個人情報を持ち帰るのはいけません。)そうすると、突然夜中に熱が出ても翌朝何をお願いすれば良いのか電話で済みます。
 一人欠員の上に申し送られていない仕事が突然出てきたら、残った人の負担は想像できますよね。

 育児との両立で大変なのは、小学校卒業まで。あとは休日も部活があるでしょうし、自分で遊びにいきますから、家事も休息も休日にとれます。ですから、末子が小学校を卒業するまでは大変かもしれませんが、そこまでの何年かを乗り切ったら楽になります。
 育児の期間というのは実は短い物。子供が成人した後の人生の方が長いのですから、先をみていきましょう。子供が成人してから働くよりもよっぽど今復帰する方が楽ですし、育児が終わったら何も残っていなかったなんて、さみしいじゃないですか。

 しばらくは育児との両立が大変かもしれませんが、このあと親の介護や自分の病気を抱えながら仕事をする時がやってきます。仕事にだけ専念できるのは、結局のところ独身時代だけなのです。
 
 その時々の家庭の状況を見て、その時自分にできることをしていくだけです。必要なのは、状況を判断して働き方も柔軟にしていくこと。この先数年はまだ復職がやっとで残業はできないかもしれませんが、子供が高校を卒業したらバリバリ働く。そしてまた自分の体が大変になってきたり、親の介護が入ったら少しセーブする。そういう具合に変えていけば良いし、看護師はそういう働き方のできる職業で、実は女性には働きやすい職業なのです。
 

ブランク10年の看護師~外科病棟へ復帰の際に必要なこと~

読了までの目安時間:約 4分


 10年の間に、外科治療は大きく変わっています。まず一番に、抗癌剤治療に対する環境が変わったと言えるでしょう。昔は抗癌剤治療の種類や適応が狭く、治療は入院で行うのが一般的でしたね。
 それが今では外来での治療にシフトされています。これは入院日数を減らすためのものであり、また患者のQOLを高めることにもなります。
  
 外来で抗癌剤治療をする場合には、ケモセンターなるものが院内に配置され、担当薬剤師がしっかりとクリーンルームで調剤をすることが義務付けられています。ケモセンターは点滴治療のみを行うことが通常ですので、普段の診察は外来で行うことになります。
 ただし、初回の治療は入院で行うことが多いので、看護師はケモセンターや病棟・外来、場合によって訪問看護室がお互いに連携をとることが求められます。

 そして、どの抗癌剤は何投何休なのか、その間の外来受診はどうするのか、体調が悪くなった場合はどうするのかということを把握していなくてはなりません。
 抗癌剤治療を外来で行うようになったため、オペ患者の流れも変わりました。例えば乳癌であれば、乳癌が確定したら術前ケモを行うかどうか、ポート増設をするか、術後ケモやリニアックを行うかどうかで治療の流れが変わります。
 
 また、腹腔鏡の進歩により胆嚢だけでなく、病変が腸でも腹腔鏡が適応されるようになりました。これにより、高齢者でも手術適応となりました。それでいて入院日数を減らすために、術前のことは全て外来で行うようになり、入院したら翌日には手術ということもあります。以前より病棟での患者の回転が速くなっているので、外科病棟は比較的おだやかな検査入院の患者が減り、手術前後の対応を要する重症患者ばかりになっています。
 抗癌剤治療の発達により、癌治療をしている患者が増えたため、病棟では緩和ケアとの兼ね合いも大切になります。できるだけ在宅で治療することが勧められている中での入院患者というのは、その分重症であったり高齢であったりすることも多いですね。
 
 現代は一人が一つの病気を抱える時代ではありません。基本オペが絡めば外科病棟への入院になりますが、ベースにDMや心筋梗塞、リウマチ、膠原病を抱えている人もいます。オペの必要性を理解できない認知症の患者もたくさんいます。
 オペ前後にはこれらの服薬管理や認知症患者との関わりも必要になってくる上に、10年前と違ってジェネリック医薬品が採用されていますので何の薬かわからないものも多々あります。

 10年間全く医療の現場から離れている場合には、まずは情報を集めましょう。少しでもその空白を埋めてから復職するほうが無難です。外科病棟への配属が決まっていて、しかも時間的余裕があるのなら、セミナーを受講して予備知識をつけた上で復職する方が、より安心です。そして、復職したら家事・育児に追われるとは思いますが、勉強する時間の確保もできるように準備しておきましょう。

ブランク10年以上の看護師~内科病棟へ復帰の際に必要なこと~

読了までの目安時間:約 4分


 10年前と今とでは、医療の世界はかなり変わりました。薬はジェネリック医薬品を採用するところが多くなっています。これは厚生労働省の勧めでもあるので、公立病院でもジェネリックへの切り替えが進んでいます。最近では薬の名前を見ても、何の薬かピンとこないものから、全く別の薬と名前の似ているものすらあります。
 10年振りに復職して戸惑うことの多い中で、更に「この薬といえばこの疾患」という、今までの経験が活かしにくくなっています。患者の持っているお薬手帳を見て、ぱっとその人の基礎疾患を読み取ることができません。日々ジェネリックにも触れていないとピンときません。薬がわからないと、中止薬剤がわかりませんので、胃カメラの説明すらできないのです。

 また、治療についても10年前の常識が、現在の非常識ということもあります。例えば、今ではもう抗生剤の点滴をするからといって、皮内テストをするところは殆どないでしょう。その代わり、しっかりアレルギーについての問診をしたかどうかを書面にしたり、聞き取りした問診内容を入力したり、何分ごとに状態をチェックをしていたかのチェックリストが存在するようになっています。
 
 脳梗塞の治療においても、今では3時間以内というゴールデンタイムで、かつ適応があればtPA(組織プラスミノミノーゲンアクチベーター)を使用することで、症状が改善されると言われ、広く使われるようになっています。
 脳梗塞治療においてこれをルーティンで使うようになったため、脳梗塞にもクリニカルパスが存在するようになりました。

 10年のブランクのあとで復帰すると、仕事をするリズムになっていないことに加え、自分が浦島太郎状態になっていることに気づくかと思います。では何から勉強しておいたらよいのかわからない。そんなこともあるかと思います。
 インターネットをできる限り利用し、まずは看護協会のホームページや、各種医療系の出版業者のサイトを見てみましょう。その出版業者のセミナーや販売している書籍から手をつけてみるのも良いでしょう。

 内科・外科問わずどこに勤務しても起こりうる急変に対する対応も、時代とともに変化しています。急変対応はAHAのガイドラインを取り入れるのが一般的で、この指針は5年ごと改定されています。
 2010年版では心停止時の胸骨圧迫と換気の割合を30:2とし、1分間100回以上のペースの胸骨圧迫の中断は10秒以と指定され、その間にAEDを使用することが初期対応とされています。 医師の常駐する総合病院でも、医師がかけつける前にAEDをナースサイドで使用するようになっており、AEDの扱いもできなければなりません。実際に使ったことのある看護師はごくわずかでしょうけれど、研修を受けることが義務付けられているので、全く触ったことがないというのは心細いかもしれません。

 医療をとりまく環境は、10年でかなり変化しています。10年看護から遠ざかっていた場合には、これらの準備もしてから復職する方が安心です。復職後、家事・育児に追われても継続的に勉強できるような環境を整えておくことも必要でしょう。

最近の投稿
カテゴリー
アーカイブ